【200系ハイエースDX】防音・断熱に挑戦!ルーフ編

ハイエース ルーフ

200系ハイエースのDXの天井に防音・断熱に挑戦したので手順を公開します。

内張りが少ないぶんS-GLより簡単でしたよ。

今回施工するのは友人のハイエース。3型、DX GLパッケージです。ファミリーカーとして使うんですが、DXのため快適性に乏しい、、、

 

しかもディーゼルなので運転中は後ろと前の会話も厳しいくらい車内にエンジン音が響き渡るし、雨の日は天井の雨音がうるさいし、、、何とかしたい!

 

我が家の100系ハイエースバンといい勝負!

 

ということで、少しでも乗用車に近づけるべく、できる限りの防音・断熱をやってみようということになりました。

 

この手の記事、S-GLはよく見かけるんですが、DXはあまりないんですよね。なので気になっている方もいるんじゃないでしょうか?

 

防音材・断熱材を選ぶ 

まず、防音材断熱材、施工する場所は一緒ですが役割は全然違います! 

 

防音材は文字通り音を遮断するもの。

音は物が振動して発生します。

f:id:ai_bou:20200106094551j:plain

振動による「音」は車のいたるところから発生しています。例えば「エンジン音」「風切り音」などです。

防音化は「デッドニング」とも呼ばれ、それらの振動を食い止め、さらに言うと発生した振動を車内に入れさせないことです。

 

断熱材は熱を通さない素材。

スポンジのような厚みのあるものが多く、空気層で熱が透過するのを阻止します。もちろん冷気も遮断できますよ!

 

「じゃあどっちを先にすればいいの?」ですが、先に防音材を貼り、その上に断熱材を貼るのがセオリー。

というのも防音材は車の鉄板に直接貼らないと振動を吸収できないからです。

その反面、断熱材は防音シートの上から貼っても効果は変わりません。

 

防音にはレジェトレックス 断熱は東レぺフシートをチョイス

これらのいいところは片面がシールなのですぐに貼れるところ

 

とりあえず特大2枚組で足ります↑

 

 

ペフシートは3㎜、5㎜、10㎜厚があって今回は10㎜をチョイス。厚みがあるほうが効果が高いですしね!

 

作業開始 まずはルーフをはずそう

f:id:ai_bou:20200106100942j:plain

ルーフは 前 中 後ろの3分割になってます。

準備するものは、クリップ外しドライバー、たったこれだけです。

通称内張りはがし と呼ばれています。いろんな形状があればベター。 

後部

さあ、後ろから順に外していきますよー!

基本的にカーファスナー(通称ゲジゲジクリップ)でとまっているだけなのでクリップ外しで外すだけ。たくさんあります! 

 

ここで注意点!

クリップ外しのテコはフレームのあるところで使いましょう。

f:id:ai_bou:20200106101323j:plain

赤線がフレーム↑

天井パネルは薄いので、何もないところテコると簡単にへこんじゃいます。

天井のフレームは横に走っているので横向きに入れると間違いないですよ!

 

クリップは消耗品ですが、できるだけ再利用したいもの。まっすぐ引き抜くようにすれば最小限のダメージで済みます。

f:id:ai_bou:20200106092124j:plain

こねくり回すと返し部分がめくれあがってしまい(通称バンザイ)使えなくなっちゃうんです。

 

お陀仏したら新しいのを買いましょう。↓このクリップです

 

 f:id:ai_bou:20200106092110j:plain

後ろと中の間にはモールが入ってます。これもクリップで止まっているだけですがトリムクリップと呼ばれるもので形状がちょっと違います。これもまっすぐ抜きましょう。

 

中央

f:id:ai_bou:20200106092114j:plain

室内灯のネジ2本をドライバーで外します。あとはクリップのみ! こんなに簡単でいいの?と思うくらい順調です。  

前 

ここは少し厄介。

室内灯、Aピラー、バイザー 、アシストグリップを外す必要があります。基本ドライバー1本でOK。

f:id:ai_bou:20200106092919j:plain

まずは室内灯から。ネジ2か所。

 

アシストグリップは蓋を外すとネジが現れます。

f:id:ai_bou:20200106092425j:plain
f:id:ai_bou:20200106092430j:plain

ツメを折らないように注意!

f:id:ai_bou:20200106205911j:plain

Aピラーの外し方ですが、ダッシュボードに根元が刺さっているのでクリップ3か所を外したあと、上に引き抜くようにしてはずすとうまくいきますよ。

 

f:id:ai_bou:20200106092505j:plain

バイザーはネジ3か所のみ! ドライバーが入りやすいよう向きを変えながら。

離脱完了

f:id:ai_bou:20200106210338j:plain

3人で15分程度。一人でも30分あればいけそうです。そして鉄板には何もなし!そりゃ音も熱も入りまくりです。

トヨタさんの徹底した低コスト戦略うかがえます!(ディスってるわけではありません笑) 

f:id:ai_bou:20200106210637j:plain

ルーフ、薄いですね。段ボールのような素材。

 

f:id:ai_bou:20200106093138j:plain

隙間は2㎝

なので2㎝以内に収めなければなりません!

東レぺフ10mmを選んだのもこの為です!

 

断熱材の厚みがあればあるほど効果が高いのは当たり前ですが、無理に詰め込むと天井が波打ったり、最悪落ちてくることもあるので。 

レジェトレックスを貼る 

まず天井をパーツクリーナーで拭き上げ油分を取り除きます。

 

10㎝×20㎝を量産します。この大きさが鉄板の平たい部分にちょうどいいんです。

f:id:ai_bou:20200106093051j:plain

 

f:id:ai_bou:20200106093148j:plain
f:id:ai_bou:20200106210603j:plain

こんな感じで貼り付けます。 効果を最大にするため、ローラーへらを使い密着させましょう。

 

 

東レペフシートを貼る

同じく横126㎝×縦25㎝の大きさを量産し。横のビームを避けて貼ります。

前だけ広いので1枚だけ126㎝×56㎝にカット!

f:id:ai_bou:20200106093445j:plain
f:id:ai_bou:20200106093449j:plain

厚みがありますがカッターを何回か通せば楽に切れます。
 

f:id:ai_bou:20200106093440j:plain

あとは貼るだけ!

f:id:ai_bou:20200106093516j:plain

完成ー!貼り付けた後は元に戻して終わりっ!厚みも2㎝以内に収まっています!

15㎜厚のシートまではいけそうです。

 

感想

効果は、なんとなく静かになった?くらいです。

これが雨の日や真夏だと分かりやすいかもしれません! 

 

正直屋根だけでは防音・断熱の効果は薄く、ドアを施工することで効果が出てくるものと思います。

 

こだわりたい方は、プラスで 吸音シート遮音シートフェルトシートなどを重ねれば効果は倍増するでしょうね。でも2㎝以内なのでたくさんは難しいかもしれません。

 

というわけで次回、床の防音・断熱に挑戦します!

 

応援よろしくお願いします↓ 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ