【効果絶大】200系ハイエースバンDXのフロア防音・断熱に挑戦しました。

ハイエース 床 防音

 

前回に続き床の防音断熱に挑戦します。

フロアは大きく分けて荷台部分エンジンフード部分の2か所に分かれ、それぞれに施工します。 

用意するものは

  • 14 ㎜スパナ
  • ドライバー
  • クリップ外し

この3つだけ。DXの作業性の良さは一流!

 

作業開始

フロアマットをはずし鉄板を露出させる

はずさなくてもできないわけじゃないんですが、作業性が悪いので結局時間かかっちゃいます。「急がば回れ」の精神で。

 

まずリアマットをはずします。その為にリアシートスカッフプレートをはずす必要があります。

f:id:ai_bou:20200107153110j:plain

スカッフプレートはスライドドアリアゲートにあります。ビス止め↑

 

リアシートは14㎜のボルトが2箇所。固いので注意しましょう。

はずしたシートでボディを傷つけないように注意です!

f:id:ai_bou:20200107120430j:plain 離脱完了。

 

f:id:ai_bou:20200107120438j:plain

申し訳程度にアスファルトシート貼ってますが、正直これだけでは不十分。

 

さてお次はエンジンフード。

フロント運転席・助手席・センターコンソールを外す必要があります。

 

ではまずシートからはずしていきましょう。

前と後ろ4か所(運転席・助手席共通)14㎜のスパナで取り外します。

f:id:ai_bou:20200107154029j:plain
f:id:ai_bou:20200107154034j:plain

赤丸がボルトの位置。

ここでポイント。前のボルトを外すときはシートを後ろに、後ろのボルトを外す時はシートを前にスライドさせておくと作業しやすいです。

 

f:id:ai_bou:20200107114919j:plain

シートベルトセンサーをはずすのを忘れないように!そのままシートを持ち上げるとちぎれちゃいます。

 

シートはずしにラチェットとエクステンションバーがあればもっと便利。

 

↑SK11のソケットレンチ エクステンションバーがセットなのが嬉しい 

 

センターコンソールはドリンクホルダーのマットの下にボルトが2本

f:id:ai_bou:20200107155636j:plain
f:id:ai_bou:20200107155641j:plain
f:id:ai_bou:20200107155649j:plain

小物入れの中にボルトが2本。ドライバーでOK

 

f:id:ai_bou:20200107154130j:plain
f:id:ai_bou:20200107154126j:plain

全部はずしたらカバーを離脱、クリップでとまっているのでサクサクいきましょう。

 

ですがこのクリップ、使い捨て感が半端じゃなく1回抜くとカエシが折れちゃうんです。

f:id:ai_bou:20200107120309j:plain

コイツの名前はブラッシュクリップ(フロアー用)。 再度差し込んでもスカスカで全然とまらない、、、

バンザイ状態になったらもう無理です。買いなおすしかありません。この規格です↓

 
離脱完了

f:id:ai_bou:20200107120329j:plain

エンジンとフロアが鉄板1枚でしかさえぎられてない、、、そりゃやかましいわけです。

貼り付け  

レジェトレックスを貼り、その上にペフシートを敷き詰めていきます。

荷台は平面が多いので大判サイズのまま貼れます。

f:id:ai_bou:20200107120516j:plain

 

f:id:ai_bou:20200107162544j:plain
タイヤハウスにも。

DXはタイヤハウスがむき出しです。カバーをつければさらに効果UP。

 

ここで注意点!

点検口・シート固定の合わせ穴・スカッフプレートにかかる部分は敷き詰めないようにしましょう。

シートがうまく固定できなかったり点検時苦労します。  

f:id:ai_bou:20200107120557j:plain

タイダウン部分も忘れずに切り抜きましょう。

 
防音材断熱材は密着させることがポイント。

f:id:ai_bou:20200107120711j:plain

押し付けても凹凸部分で浮いてしまうことがありますが、その場合はヘラやローラーを強く押し付け切り込みを入れると密着します。

 

エンジンフードは凹凸や局面が多く貼りづらいのでその場合わせで適切な形に切ります。

f:id:ai_bou:20200107120407j:plain
f:id:ai_bou:20200107120415j:plain

全部を覆い尽くす必要はなく面積の70%貼れば十分な防振効果があります。

 

後はパーツを元に戻して完成。3人で1時間。1人でも3時間あればいけます。

感想

やはりDXグレードだからでしょうか、少し手を加えるだけですごく静かになりました。

以前は運転席と後部座席の会話も聞こえないくらいの音だったんですが、今は普通に会話可能です。

オーディオのボリュームも10だったのが8で聞こえるようになりました。

本当効果絶大です。

これがS-GL でも同じなのか気になるところですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

〈こちらの記事もご覧ください〉

・【200系ハイエースDX】防音・断熱に挑戦!ルーフ編

 

応援よろしくお願いします↓

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です